SOLARI 電通そらり

農園そらり

「農園そらり」には晴れの日も
雨の日も風の日も、
そらり社員が元気にかよって、
農作業に取り組んでいます。
化学農薬や化学肥料を使わないため、
虫害や生育不良など試練の連続ですが、
そらり社員はへこたれません。
彼らの奮闘ぶりをどうぞご覧ください。

  • 2021/10/20 Wed

    10月~ハロウィンですね、「バターナッツ」絶賛販売中!

    気がつけば、夏の暑さは終わり、秋から冬への寒さを感じるようになってきました!
    先日から農園では、秋野菜の1つである「バターナッツ」の出荷が始まりました。

    バターナッツとは、ひょうたんみたいな形をした「ミニかぼちゃ」です!
    特徴としては…
    ①バターのようなコク、ナッツのような風味。
    ②繊維が少なく、ねっとりして、ポタージュやスープに最適。
    ③煮物、デザート、さらに生でサラダや漬物にしてもOKです。
    ④さらに、ピーラーなどでむいて、皮もフライやサラダで美味しく食べることができます。

    ただ、畑に広くつるを伸ばして成長していくのですが、キュウリやナスなどとはちがい、
    全体的に実が育って収穫できる数が少なく、1個1個がとても貴重です。
    ただいま、港区役所1階にある福祉売店「はなみずき」にて販売しておりますので、
    ぜひ召しあがってみてください!

  • 2021/09/22 Wed

    魔除けにもなる?トウガラシのつるし飾り

     農園そらりでは、収穫した野菜を袋詰めして販売するだけでなく、
    野菜をより、魅力的に販売したく、様々な工夫をしています。
     今回は、収穫したトウガラシを一定期間乾かした後、
    つるし飾り作りにも挑戦しました。

     サビスタが、雨の日など、外作業の合間にせっせと作ります。
    その眼差しは真剣そのもの。
    1度コツをつかめばお手の物で、回を追うごとに完成度は上がります。

     このトウガラシ、台所に飾っていただき、ちょっとしたアクセントにも、
    また、もちろん、お料理にすぐに使っていただいても、OKです。
    そして、このトウガラシのつるし飾り、魔除けになるらしいですよ。
    国や地域によって色んな意味があるので、調べてみては如何でしょうか?

  • 2021/08/20 Fri

    夏真っ盛り、野菜は花ざかり

    今夏の畑には、農園そらり史上最多の種類の野菜が植わっています。
    今までは葉もの野菜を中心に栽培していましたが、今年は実もの野菜にも挑戦中です。
    作物の生長と出荷のタイミングが合わずに難しさもありますが、
    実ものの収穫はやりがいがあり、サービススタッフのみんなもとても楽しそうです。

    今回は、そんな野菜たちの花をご紹介します。
    小松菜やホウレンソウ、ニンジンなどは、花がつくことを「とう立ち」と言い、
    とうが立つと葉が固くなったり苦くなったり、筋っぽくなってしまったりと
    出荷に適さなくなるため、なるべく花を咲かせないように育てます。
    (ニンジンは咲いてしまいましたが・・・。)
     実もの野菜では、花が咲いてから実がなります。
    そのため、夏野菜最盛期の農園は花ざかりです。
    スーパーや食卓では出会えない野菜の姿を見られることも、農作業の楽しみの一つです。